XMゼロカットシステムのデメリットは?執行される維持率ライン

XMゼロカットは最高のシステム!マイナス残高リセットされない原因とは?

海外FX業者XMを利用するうえでゼロカットは絶対に知っておくべきだ。

 

ゼロカットはXMでトレードする大きな理由の1つとなり、すでに口座開設したトレーダーは「ゼロカットのためにXMを使っている」という場合も珍しくない

 

しかし、まだXMを利用していなかったりゼロカットに詳しくなかったりすると、ちゃんと意味を理解できていない可能性もあるだろう。

 

そこで、このページではXMのゼロカットで知っておくべき情報とゼロカットだからこそできるトレード手法まで詳しく解説していく。

 

XMのゼロカットというシステムを使って最大限に恩恵を受けたい場合は、ぜひ最後までご覧頂きたい。

 

当記事でわかる事
・ゼロカットシステムは海外FX業者による救済処置である為、デメリットはない
・ゼロカットをうまく活用する事で、ローリスク・ハイリターンを狙う事が可能
・ゼロカットは上限回数なく恩恵を受ける事ができる
ゼロカットシステムが発動する条件は、有効証拠金維持率が0%以下

 

XMのゼロカットとはどんなシステムなのか?

XMのゼロカットとはどんなシステムなのか?

 

XMのゼロカットを簡単に説明すれば、入金額以上の損失は発生しないことだ

 

国内FXで言うところの「追証」が発生しない事と同義である

 

為替市場は、予期せぬ急激な相場変動でロスカットが間に合わない場合がある。

 

その際に入金額以上の損失が発生すれば借金となり、FX業者に支払い義務が生じるうえ、その借金は自己破産ができないので最悪の借金になってしまう。

 

しかし、XMはゼロカットというシステムを採用しているため、どれだけ損失が発生してもすべてXMがカバーしてくれる。

 

具体的には、ゼロカット採用の有無で同じ損失額でもこれだけ違う。

口座残高100万円で-150万円の損失が発生してしまったケース
▶ゼロカット採用のXMの場合=100万円-150万円=-50万円
ゼロカット発動で損失は口座残高の100万円のみ

▶ゼロカット不採用のFX業者の場合=100万円-150万円=-50万円
-50万円の追加入金(支払い)を請求される

上記の例のようにXMはゼロカット採用で借金になるリスクはないので、安心してFXをしたいトレーダーは、XMを利用する積極的な理由になるだろう。

 

\ 国内では体感できないゼロカット /

 

FX以外の金融商品でもゼロカットは適用される

FX以外の金融商品でもゼロカットは適用される

 

XMの金融商品はFXだけではない。

  • 貴金属CFD(ゴールド・シルバー等)
  • 商品CFD(とうもろこし・小麦等)
  • 資源CFD(元気・天然ガス等)
  • 株式インデックス(日経225・US30等)
  • 仮想通貨(現在停止中:ビットコイン等)

 

上記に挙げたすべての金融商品でゼロカットを採用している。

 

うっかり勘違いしてゼロカット不採用の金融商品でトレードしてしまった、というような心配は一切しなくて大丈夫だ。

 

特に貴金属CFDや資源CFDはFX以上のボラティリティがあるため、ゼロカット採用のXMであれば安心してトレードができるだろう。

 

過去のショック相場でゼロカットした実績がある

過去のショック相場でゼロカットした実績がある

 

XMは実際に過去のショックでゼロカットした実績がある

 

歴史の浅い海外FX業者ではゼロカットの実績がないため半信半疑になってしまうが、XMのように過去にゼロカットの実績があれば安全だ。

 

以下の画像は、XM公式のお知らせにあるもので、スイスフランショックでの対応である。

XM公式のお知らせ-スイスフランショックでの対応XM公式HP参照

 

画像のとおりXMはゼロカットの実績がある証拠だ。

 

念のため説明しておくが、スイスフランショックは20分で約3700pips(ユーロ/スイスフラン)という過去最悪の急激な相場変動が起きたことで有名。

 

実際に倒産したFX業者(アルパリUK等が有名)は多数続出したが、そんな状況をもXMはゼロカットしたうえで乗り越えている。

 

XMの優れた資金管理を示した証でもあり、XMが世界中のトレーダーに選ばれている理由のひとつにもなるだろう。

 

\ XMでは追証は必要ない /

 

XMはゼロカットされないという口コミは勘違い

XMはゼロカットされないという口コミは勘違い

 

XMはゼロカットしてくれないという噂や口コミがある。

 

原因は、以下の3つの勘違いを挙げられる。

3つの勘違い

①マイナス残高がリセットされるタイミングがある

②有効証拠金がマイナスになっていない

③マージンコールのお知らせ=追証と勘違いする

マイナス残高がリセットされるタイミングがある

マイナス残高がリセットされるタイミングがある

 

XMのマイナス残高はリセットするタイミングは決まっていない。

 

早ければ数分で残高0円になっているし、遅ければ3日程度マイナス残高の場合もある。

 

決してマイナス残高を解消しなければいけないわけではないので、心配する必要はない。

 

XMのゼロカットシステムが執行される維持率ライン

 

XMでゼロカットシステムが執行される証拠金維持率が明確に定められているわけではないが、有効証拠金維持率が0以下にならなければゼロカットシステムは発動しない。

 

証拠金維持率50%でマージンコールが発動され、20%で強制ロスカットが発動され、0%以下でゼロカットシステムが発動する条件を満たされる事になる。

 

有効証拠金がマイナスになっていない

有効証拠金がマイナスになっていない

 

XMは口座残高だけでなく、有効証拠金もマイナスでなければゼロカットを執行しない

 

XMは入金ボーナスやXMポイントと豊富なボーナスがあり、口座残高と遊行証拠金は常にイコールになっていない。

 

仮に残高自体が0円でも有効証拠金が残っていればゼロカットにはならないため、有効証拠金がマイナスになってからゼロカットは執行されると覚えておくべきだ

 

また、複数のポジションを保有している場合も注意が必要だ。

たとえば、、
Aというポジションがロスカットされたとして、Bというポジションは含み益になっていれば、口座残高はマイナスでもゼロカットになることはない。

さらにその状態で入金した場合、マイナス残高分の補填になり、余計な損失にすらなる。

 

ロスカットされた際に他のポジションを保有していなければ問題ないが、保有している場合は入金する前によく確認するようにしよう。

 

マージンコールのお知らせ=追証と勘違いする

マージンコールのお知らせ=追証と勘違いする

 

XMではマージンコールのお知らせ自体はある。

 

しかし、マージンコールが発生したからといって追加入金する義務はない。

 

通常、マージンコールが発生すれば追加入金しなければポジションはすべてロスカットされてしまうが、XMの場合はゼロカットされて終わりだ。

 

国内FX業者を利用していたトレーダーは、マージンコール=ゼロカットされないと勘違いしてしまうのかもしれない

 

\ 全トレーダーが対象 /

 

XMでゼロカットを執行する方法とは

XMでゼロカットを執行する方法とは

 

XMでゼロカットを執行してもらう方法は、以下の2つを挙げられる。

  1. 追加入金してゼロカットする
  2. カスタマーサポートに連絡してゼロカットしてもらう

追加入金してゼロカットする

追加入金してゼロカットする

ゼロカットされていない場合、追加入金すればゼロカットしてもらえる。

 

具体的には、以下のような流れになる。

手順1
マイナス残高10万円
相場の急変動で証拠金がマイナス10万円になったとしよう
手順2
追加入金20万円
証拠金がマイナスである為、20万円の入金を実施
手順3
口座残高20万円
入金後は、マイナス分関係なく20万円が残高として残る

決してマイナス残高10万円→追加入金20万円→口座残高10万円というようなマイナス残高を差し引いた口座残高になることはない

 

XMポイントをボーナスに換金した場合は無効

 

XMポイントをボーナスに換金してもゼロカットはされない。

 

これはあくまで有効証拠金が増えるだけで、決して口座残高のマイナスをリセットすることはない。

 

追加入金とXMポイントのボーナスを換金する行為は、別物と覚えておくべきだ。

 

カスタマーサポートに連絡してゼロカットしてもらう

カスタマーサポートに連絡してゼロカットしてもらう

 

少しでも早くゼロカットしてもらいたい場合、カスタマーサポートに連絡することだ。

 

なにも電話する必要はなく、サポートにメールをすれば完了する。

 

メール送信先は、「support@xmtrading.com」だ。

 

メールの内容は、以下のような文章で対応してくれる。

メール文事例

【件名】ゼロカットの執行依頼

【本文】マイナス残高のゼロカットの執行をお願いします。

カスタマーサポートは日本人スタッフが対応してくれるため日本語で大丈夫だ。

 

XMでゼロカットする際の注意点

XMでゼロカットする際の注意点

 

XMでゼロカットする際は、以下の点に注意しておくべきだ。

 

クレジット(ボーナス)の有無に注意

 

XMのゼロカットでは、以下の流れで執行されていく。

手順1
マイナス残高発生
手順2
ポジションが完全解消
手順3
マイナス残高とクレジット(ボーナス)が相殺
手順4
残りのマイナス残高をゼロカット

マイナス残高とクレジット(ボーナス)の相殺について少し詳しく解説する。

ロスカット直後の口座の状態
クレジット(ボーナス):10万円(仮定)
口座残高:-50万円
有効証拠金:-40万円
クレジット(ボーナス)相殺後の口座の状態
クレジット(ボーナス):0円
口座残高:-40万円
有効証拠金:-40万円
ゼロカット後の口座の状態
クレジット(ボーナス):なし
口座残高:0円
有効証拠金:0円

また、クレジットと口座残高を相殺してもクレジットが残っていればゼロカットにはならない。

 

追加入金時の最低入金額に注意

 

XMでゼロカットするためには、追加入金すれば迅速に解決する。

 

追加入金する場合は、各入金方法の最低入金額以上を覚えておくべきだ。

  • Bitwallet=500円
  • VISA=500円
  • JCB=10,000円
  • Sticpay=500円
  • 銀行送金=10,000円
  • BXONE Wallet=500円

XMは原則、入金額までは入金した方法でしか出金できない。

 

複数の入金方法を使うと出金時にややこしく感じるので、入金方法は同じものを使ったほうが無難だろう。

 

\ 追証ありの資産構築は疲弊します /

 

XMのゼロカットを活用した有効的なトレード手法

XMのゼロカットを活用した有効的なトレード手法

 

ここでは、XMのゼロカットを活用した有効トレードについて解説していく。

  • 超ハイレバレッジトレードをする
  • 窓開けを狙ってトレードをする
  • 重要経済指標発表時にトレードをする

超ハイレバレッジトレードをする

超ハイレバレッジトレードをする

 

入金額以上の損失はないので超ハイレバレッジトレードでも問題ない

 

超ハイレバレッジトレードはロスカットされやすい一方、場合によっては資金を守れたり損切りの練習になったりするかもしれない。

 

たとえば、、
100,000通貨のポジションを持って投資金は10万円しかないとしよう。

一度に10万円入金すれば約100pips(ロスカットを考えなければ)まで耐えられるが、損切りできなければ一度のトレードで全額失う

 

一方、20,000円の入金の場合、約20pips逆行すればロスカットされるが、投資金10万円がなくなるまで5回入金できる。

 

これは損切りしない前提に基づいて解説しているが、1回のトレードチャンスよりも5回のトレードチャンスがあるほうが一度くらいは予想通りにレートが進むのではないだろうか。

 

XMは最大888倍までレバレッジを効かせられるので、少額資金でも大きなポジションを持てるため、ゼロカットを活用した超ハイレバレッジトレードをしてみるべきだ。

 

窓開けを狙ってトレードをする

窓開けを狙ってトレードをする

 

窓開けとは、週明けの始値が週末の終値と大きく乖離した状態だ。

 

この窓を開けた状態を狙ってトレードする方法を窓開けトレードと呼ぶ

 

つまり、週末にハイレバレッジでポジションを持ち窓開けした週明けにポジションを解消すれば大きく儲けられるし、逆行してもゼロカットされるだけで入金額以上の損失はない。

 

ただし、XMは頻繁に窓開けを狙ったトレードをしているトレーダーには、なんらかの措置(最悪のケースでは口座凍結)を行うため、窓開けトレードだけを頻繁にするのは控えるようにしよう。

 

重要経済指標発表時にトレードをする

重要経済指標発表時にトレードをする

 

重要経済指標発表時は、100pips程度の値動きは珍しくない。

 

たとえば、重要経済指標発表前にハイレバレッジでポジションを持ち、重要経済指標発表後にすぐポジションを解消すれば利益になる可能性がある。

 

仮に予想と逆行したところでゼロカットされるので損失は限定的だ。

 

ただし、これも決して推奨される行為ではないため、頻繁に狙ったトレードをしているとXMからなんらかの措置を取られるケースは考えられる。

 

それでも明確に禁止しているわけではないため、月に一度の米国雇用統計等でトレードしてみてはいかがだろうか。

 

\ ゼロカットは資産構築をすすめる一手 /

 

XMのゼロカットでよくある質問

XMのゼロカットでよくある質問

 

ここからは、XMのゼロカットでよくある質問について回答していく。

 

XMがゼロカットするメリットはあるの?

 

ゼロカットをするということは、XMはトレーダーの損失を丸被りしていることに他ならない。

 

普通に考えれば損失にしかならない行為で、XMにとっては無駄でしかないように思える。

 

それでもXMがゼロカットを採用し続ける理由はなんだろうか。

 

おそらくトレーダーに積極的なトレードをしてもらいたいからだろう。

 

どうしてもゼロカットがなければ「最悪借金になるかも……」と心配して消極的なトレードをしてしまう結果になりかねない。

 

なぜXMは積極的なトレーダーを欲しているのだろうか。

 

実は、XMはNDD方式を採用しており、スプレッドが収益の柱だ。

 

スプレッドは取引回数が多ければ多いほど支払いが増えるので、積極的にトレードしてくれるトレーダーは優良顧客になる。

 

したがって、ゼロカットで顧客の損失をカバーしてでも積極的にトレードしてくれるトレーダーのほうが利益に直結すると考えているのではないだろうか。

 

ゼロカットは何度でもしてくれるの?

 

XMはゼロカットを無限にしてくれる。

 

ゼロカットに上限回数やややこしい設定もなく、XMトレーダーは皆平等に受けられるシステムだ。

 

ゼロカットは取引口座ごとorアカウントごと?

 

XMのゼロカットは取引口座ごとに行われる。

 

複数口座を開設していて他の取引口座の残高まで相殺されるようなことはない。

 

XMのゼロカットにデメリットはあるの?

 

XMのゼロカットにデメリットは一切ない。

 

ただ、ゼロカットされるからという理由でギャンブルトレードになりやすい側面はあるかもしれない。

 

しかしそれはトレーダーの考え方次第なので、XMのゼロカットによるデメリットには該当しないだろう。

 

XMゼロカットのまとめ

 

このページでは、XMのゼロカットについて解説してきた。

 

XMのゼロカットは非常にメリットのあるシステムなので、トレーダーは安心してトレードできる理由のひとつになるだろう。

 

それでは、以下に今回解説してきた内容で大事なポイントをまとめておいたので、おさらいの気持ちで目を通しておいて欲しい。

まとめポイント

・XMのゼロカットは借金にならないシステム

・XMのゼロカットはすべての金融商品に適用される

・複数ポジション所有時のゼロカットは追加入金する際に注意

・ハイレバレッジとゼロカットだからこそできるトレード手法がある

・XMのゼロカットに設定や条件はない

以上、XMのゼロカットは非常に魅力のあるシステムのため、XMの口座を開設してトレードする理由に充分なるのではないだろうか。

 

\ 追証ありの国内FX?or 追証なしのXM? /

 

 

XMボーナスを受け取るための全手順を紹介

 

XMトレーディング リアル口座開設方法のご案内

 

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら