XMの複雑な入金方法を徹底解説!入金反映時間を方法別に比較

XMの複雑な入金方法を徹底解説|各入金方法の手数料も公開

XMでトレードをしていくうえで、入金方法を知る必要がある。

 

複数の入金方法があり、どれを選べばお得だろうと考えるかもしれない。

 

実際、入金手段で重要視するポイントは、入金してから口座に反映される速度と手数料になってくるのではないだろうか。

 

このページではXMの入金の情報について完全網羅している。

 

少しでも自身に合った入金方法を知りたい場合は、ぜひ最後までご覧になっていただければ幸いだ。

 

当記事でわかる事
▶XMではクレカ/銀行振込/電子ウォレットの3つの入金方法がある
▶入金が即時反映されるのはクレカ/デビットカード/オンラインウォレット

 

 

XMで最適な入金方法の選び方

XMで最適な入金方法の選び方 (1)

まず初めに結論として、最適な入金方法の選び方についてお伝えしておきたい。

大きくは、下記の各項目を重視した際の最適な入金方法をご紹介する。

手数料・入金反映スピード・出金条件

手数料の安さ重視
クレジットカード/デビットカード
入金反映スピード重視
クレジットカード/デビットカード/オンラインウォレット
出金条件も合わせて重視
国内銀行送金

上記の理由について、これより詳しく解説していく。

XMで可能な3つの入金方法

XMマイページ>入金方法

XMの入金は、大別すれば3つの方法を提供している。

  • クレジットカード/デビットカード(VISA/JCB)
  • 銀行振込
  • 電子ウォレット系(Bitwallet/SticPay/BXONEWallet)

複数の入金方法に対応しているので、利便性は高いだろう。

 

XMへの入金反映速度を比較

 

いずれの入金方法を利用してもトレーダーの自由だが、口座に反映されるまでの時間は異なる。

 

具体的には以下の表を参考にしていただきたい。

 

入金方法 口座反映速度
クレジットカード/デビットカード 即時反映
BitWallet 即時反映
BXONE 即時反映
STICPAY 数分以内に反映
国内銀行送金 銀行営業日は60分以内に反映

銀行営業時間外は翌営業日

 

入金速度だけを考えれば銀行振込以外は、非常にスピーディに反映する。

 

結果、入金速度にこだわれば銀行振込は除外したほうが良いだろう。

 

ただし、銀行口座は所有していてもクレジットカードや電子ウォレット系は所有していない場合も多いかもしれない。

 

今後XMを頻繁に利用して入金する機会が増える場合は、銀行口座以外も作っておいてはいかがだろうか。

 

また、デビットカードは原則的に審査ほぼなしで作成できるうえに日常生活でも利用する機会もあると思うので、積極的に作っておくことをおすすめする。

 

XMで作成した口座への最低入金額を比較

 

実はXMでは最低入金額を決めており、以下の表を参考にしていただきたい。

 

入金方法 最低入金額
VISA(クレジット/デビットカード) 500円
Bitwallet 500円
BXONE 500円
STICPAY 500円
銀行振込 利用手数料上980円以上の入金
JCB(クレジット/デビットカード) 1万円

 

最低入金額ではJCBのブランドを使ったカードでは1万円以上と高額になる。

 

一方、VISAのブランドを使ったカードは500円から入金できるため、これからクレジットカードあるいはデビットカードを作るのであればVISAを選ぶべきだ。

 

このようにXMでは各サービスに応じて最低入金額も決まっているので、入金する前に事前によく確認しておくようにしよう。

 

XM対応の各入金方法の手数料比較

XM対応の各入金方法の手数料比較 (1)

 

XMの入金方法でとても大事になるのは入金手数料だ

 

入金手数料が高ければトレードを始める前にマイナスから始まってしまう。

 

しかも何度も入金を繰り返せば入金手数料だけで何千円あるいは何万円になってくることもあるはずだ。

 

それでは、以下の表で入金手数料を比較しているので確認してみて欲しい。

 

入金方法 入金手数料
クレジットカード/デビットカード 無料(XMが負担)
国内銀行送金 XM指定銀行と同一口座なら無料

1万円未満の振込手数料は980円

BXONE 無料(XMが負担)

ただしBXONEに入金する手数料あり

100万円以上=入金額の0.5%

100万円未満=入金額の1%(最低980円)

BitWallet 無料(XMが負担)

ただしBitWalletに入金する手数料あり

クレカ=入金額の4%~5%

銀行振込=入金額の0.5%

STICPAY 無料(XMが負担)

ただしSTICPAYに入金する手数料あり

クレカ=入金額の3.85%

銀行振込=入金額の1%

 

このようにいずれの入金方法でも振込手数料はXMが負担してくれるが、各サービスによって利用する手数料が発生する場合がある。

 

したがって、入金手数料で最もお得に利用できるのは、クレジットカードやデビットカードといったカード系サービスだ。

 

利用する際に手数料がまったくかからないし、クレジットカードであれば口座振込手数料も発生しない。

 

デビットカードの場合は口座振込手数料やATM利用手数料が発生する場合もあるが、ネットバンクを中心に一定回数は口座振込手数料やATM利用手数料が無料になるケースもある。

 

今後XMを利用していくうえで手数料をかけたくないのであれば、クレジットカードまたはデビットカードを作成しておくべきだろう。

 

XM口座へ入金する際の注意点

XM口座へ入金する際の注意点

 

XMの入金ではなにも考えずに利用しないほうが良いだろう。

 

というのも、XMでは利益分は銀行出金しかできない

 

つまり、クレジットカードで入金して利益が発生すれば、その利益分の差額は銀行を指定する必要がある

 

また、XMでは出金時に入金額分しか利益を出金できない規約があるため、その点についてもう少し丁寧に解説していこう。

 

XM口座から出金時に入金額分しか利益を出金できない掟

 

クレジットカードやデビットカードまたは電子ウォレットで入金した場合は、入金額分しか出金できない決まりがある。

 

これはマネーロンダリング対策のためで、XMにかぎらず多くの海外FX業者で採用されている方式だ。

 

たとえば、、
クレジットカードで1万円入金して合計3万円の利益が発生したとしよう。

そのうち1万円はクレジットカードに出金できるが、残り2万円は銀行出金しかできない。

以前は電子ウォレット系で利益分も出金できることもサービスもあったが、2020年現在は銀行出金しかできないので覚えておいて欲しい。

 

 

XM対応の入金方法別メリット/デメリット

XM対応の入金方法別メリット_デメリット

ここからは、各入金方法におけるメリットデメリットをご紹介する。

XM入金方法:国内銀行送金

銀行

国内銀行送金は、普段の生活でも利用したことがあるサービスだろう。

 

相手の口座番号を指定して入金するだけで気軽に行えるかもしれない。

 

注意点は、振込の際にローマ字氏名とMT4/MT5口座番号を振込人名義に変更することを忘れないようにしなければならない。

 

仮にカタカナ表記のまま振込してしまうとXM側の確認作業に時間がかかり、トレードまで時間がかかってしまう原因になりかねない。

 

とはいえ、とりあえず他の入金手段はできないという場合は、銀行振込を検討してみてはいかがだろうか。

 

【XM口座】国内銀行送金する際のメリット・デメリット

 

国内銀行送金のメリットとデメリットは、以下の情報を参考にして欲しい。

 

メリット

・1万円以上の入金手数料無料

・XM指定銀行と同じ銀行口座は入金手数料無料

・入金額も利益分も出金指示は一度で構わない

 

デメリット

・1万円未満の入金手数料が発生する

・口座反映まで時間がかかる

・銀行営業時間外は入金不可

 

 

国内銀行送金で入金する場合は、とにかく手続きが慣れている点と複雑な出金ルールに縛られることが一切ないことだ。

 

ややこしいことを考える前にまずはトレードがしたい場合は、国内銀行送金で入金する手段は悪くない。

 

一方で、口座反映までの時間がかかったり1万円未満の入金では手数料が発生したり、デメリットに感じる部分もある。

 

メリットとデメリットを比較したうえで検討してみてはいかがだろうか。

 

XM入金方法:Bitwallet

bitwallet_side_TYPE-A

 

XMの入金方法でBitwalletを使う場合は、事前に口座開設をしておく必要がある。

 

したがって、所有していなければ第一に口座開設からしなければならない。

 

また、Bitwalletを円口座で開設しておかないとXMで入金できないため、かならず円口座で開設しておくべきです。

 

【XM口座】Bitwalletで入金する際のメリット・デメリット

 

Bitwalletで入金するうえでのメリットとデメリットは、以下を参考にして欲しい。

メリット

・XM口座への入金手数料は無料

・入金次第すぐに口座へ反映する

デメリット

・Bitwalletの口座を開設しなければならない

・Bitwallet口座への入金手数料がある

・入金額以上の出金は不可

すでにBitwalletの口座を開設して入金していればスムーズにトレードを始められるメリットがある。

 

しかし、Bitwalletの口座を所有していなければ口座開設から時間がかかり、スピーディにトレードを開始できない。

 

さらに入金手数料が発生するデメリットもある。

 

XM以外のBitwallet対応の海外FX業者を利用していればトレード資金口座として使いやすいかもしれないが、XMだけのために口座開設するべきかは個人の考えによるだろう。

 

XM入金方法:Sticpay

STICPAY

 

Sticpayは電子マネー決済サービスで、海外FX口座やオンラインカジノといった場所で利用できることも多いため、XM以外の海外系サービスでも利用しやすい。

 

また、Sticpayカードというプリペイドカードを発行しており、国内外のATMから資金を出金できる。

 

【XM口座】Sticpayで入金する際のメリット・デメリット

 

Sticpayを得利用するうえでのメリットとデメリットは、以下のものがある。

メリット

・SticpayからXMに入金する手数料は無料

・入金後数分以内に口座へ反映する

デメリット

・Sticpay口座を開設して入金する必要がある

・Sticpay口座への入金手数料が発生する

・Sticpayで出金できるのは入金額まで

基本的には他の電子系ウォレットと同じですが、即時反映ではなく数分以内に反映する。

 

他の海外サービスを利用していたりSticpayカードを利用したかったりしたい場合は、Sticpayの口座を開設しておいてはいかがだろうか。

 

ただ、XMだけのために作る必要性があるのかについて個人の考え方次第だろう。

 

XM入金方法:BXONE

BXONE

 

BXONEとは、ビットコイン等も扱っている電子系ウォレットサービスだ。

 

XMへの入金は日本円建て口座しか対応していないため、事前に日本円でBXONEに入金しておかなければならない。

 

また、2019年11月1日よりBXONE限定入金10%ボーナスを開催している。

 

【XM口座】BXONEで入金する際のメリット・デメリット

 

BXONEで入金するうえのメリットとデメリットは以下のものがある。

メリット

・BXONEからXMへの入金手数料は無料

・入金後すぐにXMの口座に反映

・BXONE口座では仮想通貨に交換可能

デメリット

・BXONEの口座を開設する必要がある

・BXONEにクレジットカード入金はできない

・BXONE口座に入金する手数料が発生する

・BXONEで出金できるのは入金額まで

BXONEであれば即時入金できるメリットとBXONE口座内で仮想通貨に交換できるサービスがユニークだろう。

 

その他の面でのデメリットは他の電子系ウォレットと大差ないが、クレジットカード入金ができないのは手間に感じるかもしれない。

 

仮想通貨に興味があればBXONEの口座開設をしてみてはいかがだろうか。

 

 

【まとめ】XM口座へのおすすめ入金方法

 

XMの入金方法は、複数種類から自由に選ぶことができる。

 

いずれの入金方法でもメリット・デメリットはあるが、自身に合っているものを選ぶようにしよう。

 

ただ、国内銀行送金やクレジットカードあるいはデビットカードを利用したほうが使いやすいのではないだろうか。

 

いずれにせよスムーズに入金できて手数料の低い入金方法を選ぶのがトレーダーにとって最も大事なポイントになることは言うまでもない。

 

したがって、総合的に考えればクレジットカードあるいはデビットカードのVISAブランドを利用するのが最もお得になるのではないだろうか。

 

XMボーナスを受け取るための全手順を紹介

 

XMトレーディング リアル口座開設方法のご案内

 

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら