海外FXのXMは両建てOK!禁止ケースや両建て注文・解除方法まで徹底解説

XMの両建てメリット・デメリット!禁止事項から両建てで使える手法まで解説

海外FX業者XMを利用する場合、両建てについて詳しい知識を持つべきだ。

 

ネットでは、XMで両建てがバレるバレないの議論が見受けられるが、そもそもXMでは両建てを認めている

 

ただ、方法によっては禁止事項に抵触する可能性もあり、事前に予習したうえで両建てを始めなければならない。

 

また、両建てのメリット・デメリット、両建てトレードの優位性まで、XMで両建てする際に知っておくべき知識や情報は多い。

 

このページでは、XMで両建てする前に知っておいて欲しい内容を完全網羅しているので、特に両建てをする予定のトレーダーは最後まで確認することをおすすめする。

 

結論
・XMは両建てを認めている
・ただし、両建てをするにあたって禁止事項は4つある
・両建て解除はうまく活用しよう

 

XMの両建ての仕組みとは

両建てとは

 

XMでも国内FXでも両建ての意味や仕組みは一緒で、通常の両建て同様に、買いポジションと売りポジションの両方を持つことだ

 

反対方向のポジションを持つため、スプレッドや取引手数料を除いた損益は発生しない。

 

これではなんの意味があるのだろう、と疑問を覚えた方もいるのではないだろうか。

 

ここでは、両建てすることによってどのような意味があるのかについて詳しく解説していこう

 

XMで両建てする際の3つのメリット

XMで両建てする際の3つのメリット

 

両建てのメリットは、以下の3つを挙げられる。

両建ての3つのメリット

①証拠金は0ですむ

②同時に複数のトレードができる

③トレードの選択肢を増やせる

 

証拠金は0ですむ

 

XMの両建ては、同じロット数であれば、それぞれのポジションの証拠金は0ですむ。

 

これはXMの両建ての特徴のひとつに挙げられる。

 

両建てに対応したFX業者の中には、両建てポジションの片方あるいは両方のポジションで証拠金が必要になるケースが多い。

 

しかし、XMは証拠金が0ですむため、両建てすると証拠金が浮く

 

証拠金不足でロスカットを防ぐ効果があるし、他のポジションを持つことで効率的に資金を使うことができる。

 

同時に複数のトレードができる

 

XMはどのようなタイミングでも両建て可能だ。

 

たとえば、長期トレードにおける買いポジションを持つ一方、短期的に売りポジションのほうが相場に適応していると予想できる場合、売りポジションを持つことができる。

 

スイングトレードやスキャルピング等時々に応じて複数のトレードができる点をメリットに感じるトレーダーも多いだろう。

 

トレードの選択肢を増やせる

 

トレンド相場のときは、少しでもポジションを長く保有するほうが利益を伸ばせる可能性が高まる。

 

しかし、いつまでトレンドが続くのかについては誰一人わからない。

 

そこで「そろそろトレンドが終わるかも」と思った際に、両建てにすることで相場の様子を窺うことができる。

 

両建てにすれば利益は固定できるため、トレンドの継続と終了の可否を見極められる余裕を持てるはずだ。

 

このように両建てにすることで、決済するだけでなく様子を見るという作戦を増やすことができるだろう。

 

\ 証拠金0のメリットは大きい /

 

XMで両建てする際の2つのデメリット

XMで両建てする際の2つのデメリット

 

両建てはメリットだけでなく、以下の2つのデメリットもある。

両建ての2つのデメリット

①スプレッドの負担が増える

②スワップポイントは0またはマイナスになる

 

スプレッドの負担が増える

 

両建てすれば、それぞれのポジションのスプレッドを支払う必要がある

 

通常のトレードの倍のスプレッドコストが発生するのは覚えておくべきだ。

 

特にXMのスプレッドは決して低い部類ではないため、高いスプレッドの通貨ペアや金融商品で両建てするのはおすすめできない。

 

XMでは、米ドル/円やユーロ/米ドルのスプレッドコストは低いが、一方でゴールドのスプレッドコストは非常に高い傾向にある。

 

通貨ペアや金融商品ごとのスプレッドコストは把握しておかないと、予想以上のスプレッドコストが発生するかもしれない。

 

スワップポイントは0またはマイナスになる

 

為替差益だけでなく、スワップポイントで利益を狙う場合もあるだろう。

 

そんなときに思いつくのが、両建てにしてスワップポイントの利益だけを得る、という考え方だ。

 

しかし、両建てにした場合のスワップポイントは、プラスよりもマイナスのほうが高い。

 

両建ての場合、スワップポイントの利益を得るどころか損失を重ねてしまうので、無駄に感じるトレーダーも少なくない。

 

XMで両建てするやり方(注文方法)

XMで両建てするやり方(注文方法)

 

両建てのポジションを持つ事自体はとても簡単だ。

 

下記画像のように、はじめにエントリーしたポジションとは逆行したエントリーポジションを持つ事で両建ては成立する

 

XMのMT4/5で両建て注文

 

両建て注文方法
①適切なタイミングでエントリー
②①で保有したポジションの同一銘柄同一ロットで逆エントリー

 

これで両建ては成立している。

特に難しい事はないが、下記に重要ポイントを記載しているので、参考までにご欄頂きたい。

 

XMで両建てする際の重要ポイント
①両建てする際は同一銘柄同一ロットでないと証拠金0の対象とならない
②両建てすると、証拠金が0となり、証拠金維持率に影響しなくなる為、ロスカットの心配がなくなる

 

両建てを注文した後に、考えなければいけないのが決済だ。

XMでは、両建て後の決済は「両建て解除」を利用する事が正しいやり方となる。

 

次で、両建て解除について解説しよう。

 

XMのMT4/MT5で使える「両建て解除」

XMのMT4_MT5で使える「両建て解除」

 

XMのMT4/MT5は両建て解除という機能を搭載している。

 

両建て解除の最大のメリットは、決済時のスプレッドが片方しか徴収されないことだ。

 

つまり、両建てしたうえで同時決済する際は、片方ずつ決済せずに両建て解除を使うことでスプレッドコストを節約できる。

 

XMのMT4/5で両建て解除するやり方

 

両建て解除の方法は、両建てしている状態で「注文種別」の項目から「両建て解除」を選べば解除可能だ。

 

XM両建て解除方法①

XM両建て解除方法②

 

両建て解除の手順
①チャート画面で左ダブルクリック
②「注文種別」⇒「両建て解除」をクリック
③複数決済をクリック

 

両建て同時決済をする際は、覚えておくと便利でお得なシステムになるだろう。

 

\ 両建て専用口座を開設するのもあり /

 

XMで両建てトレードはおすすめできるのか

XMで両建てトレードはおすすめできるのか

 

XMで両建てトレードをすることは、すべてのトレーダーにおすすめできるわけではない。

有効的に使えばメリットはあるが、適当に両建てするべきではないだろう。

 

以下で、その理由をお伝えする。

 

初心者トレーダーは両建てが難しい

 

トレーダーの中でも特に初心者トレーダーは両建てトレードをおすすめしない。

 

まずは通常の片方のトレードだけでトレードスタイルを構築しなければ、なんでもかんでも両建てにしてしまう変な癖がついてしまう可能性がある。

 

余計なスプレッドコストばかり積み重ねる原因にもなりかねないため、トレードに慣れてから両建てするようにしよう

 

レンジ相場を理解できれば「うねり取り」トレードに挑戦

 

レンジ相場であれば、両建てを活用した「うねり取り」というトレード手法がある。

 

これはレンジ相場の上限と下限でポジションを持ち、ナンピンしていくような仕組みだ。

 

うねり取りは、約3カ月周期で上げ下げを繰り返す習性がある。

 

以下の画像は、2019年5月1日を軸に見たGBPJPYだが、赤丸枠の期間で「売り」で利益を獲得し、青丸枠の期間は「買い」で利益を獲得する。

 

海外FX XMうねり取り参考チャート

 

トレーダーによっては稼げると主張しているため、挑戦してみる価値はあるだろう。

 

しかし、そもそもレンジ相場とトレンド相場を見極める能力があれば両建てせずとも利益を得ることはできる。

 

ひとつのトレード手法として覚えておく程度に留めたほうが無難かもしれない。

 

XMの両建てにおける4つの禁止事項とは

XMの両建てにおける4つの禁止事項とは

 

XMの両建ては基本的に認められているが、禁止事項に抵触する場合もある。

 

ここでは、XMの両建てにおける4つの禁止事項について紹介しておく。

4つの禁止事項

①XMの複数口座で両建ては禁止

②他社FX業者の口座を使った両建ての禁止

③他人の別口座で両建てするのは禁止

④窓開け、重要経済指標時の両建ては規約違反に抵触する可能性あり

XMの複数口座で両建ては禁止

 

XMは複数の取引口座を開設できる。

 

だが、それぞれの取引口座で両建てするのは禁止だ。

 

例えば、、
具体的には、Aという口座で買いポジション、Bという口座で売りポジション、両方の口座で最大レバレッジのポジションを保有したとする。

 

相場が大きく動く場面では、片方のポジションはゼロカットされるが、片方のポジションは利益を伸ばすことができる。

 

ゼロカットとは、口座のマイナス分の補填をすべてXMが被ってくれるシステムだ。

合わせて読みたい
ゼロカットは国内FXには存在しない追証が発生しないシステムである。詳しくは下記記事をご覧頂きたい。
>>XMゼロカットシステムのデメリットは?執行される維持率ライン

 

これではXMが損失を被るだけでトレーダーにデメリットはないため、公平なトレードをしていないことになり、XMの禁止事項に抵触してしまう

 

両建てでポジションを持つ場合は、なるべくひとつの口座でするようにすれば、XMの禁止事項に抵触せずにすむだろう。

 

他社FX業者の口座を使った両建ての禁止

 

XMは他社FX業者の口座を用いた両建てを禁止している。

 

これもゼロカットのシステムを用いた悪用で、XMだけでなく他のFX業者の禁止事項に抵触する可能性もあるだろう

 

バレれば両方のFX業者から口座凍結等の措置が取られる場合もあり、他社FX業者間における両建てはしないようにするべきだ。

 

他人の別口座で両建てするのは禁止

 

他人の別口座で両建てすることも禁止されている。

 

たとえば、家族の口座で両建てすれば、片方の口座はゼロカットされるが、片方の口座は利益を伸ばすことが可能だ。

 

両方の口座が凍結されるリスクしかないので、軽い気持ちでするべきではない。

 

窓開け、重要経済指標時の両建ては規約違反に抵触する可能性あり

 

窓開けや重要経済指標時に両建てしてトレードすることはおすすめしない。

 

これもゼロカットというシステムを悪用していると判断されかねないため、なるべく控えたほうが良い両建ての場面だ。

 

XMにバレずに両建ては不可

XMにバレずに両建ては不可

 

基本的にXMにバレずに両建てすることはできない。

 

XMにとって両建てのシステムを悪用されると会社存続に関わるので、念入りに調査していることが予想できる。

 

XMにバレずに両建てできるだろうと考えず、勝てるトレード手法を検討するほうが時間を有意義に過ごせるだろう。

 

\ ここまで読んだあなたはもう大丈夫 /

 

XMの両建てにおけるまとめ

 

このページでは、XMの両建てについて詳しく解説してきた。

 

両建てという方法は、うまく活用すればメリットを受けられるが、適当に活用すればデメリットばかり発生してしまう。

 

特に初心者トレーダーは両建てすれば利益を出せるかもと勘違いすることも多く、しかもそれがXMの禁止事項に抵触している場合も珍しくない。

 

それでは、このページで解説した大事なポイントについておさらいしておく。

XMの両建てポイントまとめ

▶ XMは両建てができるFX業者

▶ 両建てはスプレッドコストが発生する

▶ XMの両建て解除で決済時の片方のスプレッドは節約できる

▶ 両建ては決して必勝のトレード手法ではない

▶ XMの両建ては禁止事項を設けている

▶ 両建ての禁止事項に該当すれば故意や無知は関係ない

以上に説明してきたように、XMの両建ては魅力的に感じる部分もあれば難点に感じる部分もあったのではないだろうか。

 

ここまで何度か説明してきたが、両建ては有効的に活用しなければスプレッドコストが重なるばかりで利益率を減らしてしまう根本的な原因になりかねない。

 

これからXMで両建てをしてみようと検討していたトレーダーは、もう一度よく考えてから両建てを試してみるようにするべきだろう。

 

\ ▼今だけのボーナスを受け取るにはこちら▼ /

 

 

XMボーナスを受け取るための全手順を紹介

 

XMトレーディング リアル口座開設方法のご案内

 

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら