XM初心者に推奨したい口座種類は?口座タイプの確認・変更方法も解説

XM初心者に推奨したい口座タイプは?特徴や違いなどがわかる比較表付き

海外FX業者のXMは、3種類の口座タイプを選べる。

それは、マイクロ口座、スタンダード口座、XM Zero口座だ。

  • スタンダード口座=FXに慣れたトレーダーにおすすめ
  • マイクロ口座=少額で取引可能でFX初心者におすすめ
  • XM Zero口座=資金がありスプレッドなしで取引したい熟練トレーダーにおすすめ

 

 

いずれもXMの取引口座に違いはないが、トレーダーの取引スタイルに応じて開設するべき口座は異なってくる。

もしもXM初心者であればマイクロ口座を選ぶべきだろう。

 

それでは、その理由も含めて3種類の口座について特徴や違いを徹底的に解説していくので、興味のある方は最後までご覧になっていただきたい。

 

XMの3つの口座タイプを比較解説

XMの3つの口座タイプを比較解説

 

XMの3つの口座タイプ別の特徴を比較した表を用意したので、まずは以下を確認していただきたい。

 

マイクロ口座 スタンダード口座 XM Zero口座
基本通貨 USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY
1ロット 1,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最大レバレッジ 1:888 倍 1:888 倍 1:500 倍
ゼロカット あり あり あり
最低スプレッド 1ピップ 1ピップ 0ピップ
取引手数料 なし なし あり
最大可能ポジション 200 200 200
最小取引ロット 0.01ロット (MT4)
0.1ロット (MT5)
0.01ロット 0.01ロット
ロット制限 100 50 50
取引ボーナス あり あり なし
口座開設ボーナス あり あり あり
ヘッジの有無 可能 可能 可能
最低入金額 5$ 5$ 100$

 

表にして比較してみると、3つの口座の違いについて理解できたのではないだろうか。

共通している特徴もあり、たとえばいずれの口座でもゼロカットを採用しているため、仮に入金額以上の損失が発生してもXM側で負担してくれる。(※国内FXのような追証がないということだ)

 

また、新規口座開設者にはすべての口座タイプで口座開設ボーナスも付与されるので、適切な口座を開設しても口座開設ボーナスは受け取ることが可能だ。

それでは、3つの口座のそれぞれの特徴についてもう少し詳しく解説していく。

 

XM口座タイプ①マイクロ口座の特徴(初心者におすすめ)

XM口座タイプ①マイクロ口座の特徴(初心者におすすめ)

 

マイクロ口座は初心者に推奨できると説明したが、理由は以下の点にある。

 

  1. 低コストでXMの魅力を体験できる
  2. 1ロットの通貨量以外はスタンダード口座と同じ特徴
  3. ロイヤリティステータスをアップするためのリスクを抑える
  4. CFD取引ができる(株式/エネルギー/貴金属など)

 

どれもXM初心者には大事なポイントなので、詳しく解説していこう。

 

1.低コストでXMの魅力を体験できる

低コストでXMの魅力を体験できる

 

マイクロ口座は、非常に低コストでXMの魅力を体験できる。

マイクロの口座の最小取引ロットは0.01で、これは10通貨に該当する

 

たとえば、10通貨は100pipの変動で10円の損益になり、最低入金額の$5を入金しておけば約5,000pip程度は強制ロスカットになることはない※。

※1ドル=100円の場合

 

FXで最も大事なことは資金が底をついて相場から退場しないことで、XMのマイクロ口座であれば数百円から数千円の入金で取引を体感できるはずだ。

 

マイクロ口座は低コストでありながらハイレバレッジも体感できるため、XMの魅力を感じながら取引を続けられるのがポイントだ。

 

2. 1ロットの通貨量以外はスタンダード口座と同じ特徴

1ロットの通貨量以外はスタンダード口座と同じ特徴

 

マイクロ口座は、1ロットの通貨量以外はスタンダード口座と同じ特徴だ。

上述した通り、口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取ることができるし、スプレッドの負担にも差を設けていない。

 

そのうえ先に説明したとおり888倍のハイレバレッジ取引も可能で、1ロットの通貨量にこだわらなければマイクロ口座から始めてみる事も問題ないだろう。。

すでにXMの取引に慣れていたりFXの熟練トレーダーだったりすればスタンダード口座でも構わないが、初心者は第一に低コストで取引に慣れることが大事だ

 

上記の事から少ない資金で何度も取引を続けて取引スタイルを確立したうえで、スタンダード口座やXM Zero口座の開設を検討しても悪くないのではないだろうか。

 

3.ロイヤリティプログラムのステータス賢くアップできる

ロイヤリティプログラムのステータス賢くアップできる

 

XMは、ロイヤリティプログラムにステータスというシステムを導入している。

 

ステータスは、EXECUTIVE → GOLD → DIAMOND → ELITEの順番でアップグレードしていき、XMP(XMポイント)の貯まりやすさに影響する。

XMポイントのロイヤリティステータスとは?

 

XMPとは、クレジットボーナスに交換できたり換金できたりするもので、取引回数に応じて自動的に貯まっていく。

そしてこのロイヤリティステータスをアップグレードするためには取引日数が関係し、最上位ステータスのELITEになるまでの取引日数は100日。

 

ロット数や通貨単位は関係せず取引日数だけが関係するため、いかにXMで取引を続けられるのかが大事になってくる。

ここまで説明すれば理解していただけたと思うが、マイクロ口座で低コストの取引をしておけば退場することなく100日を迎えられる可能性が高い。

 

4.CFD取引ができる

CFD取引ができる

 

マイクロ口座はCFD取引ができる

一応、スタンダード口座でもCFD取引に対応しているが、少額でも取引ができるという利点がマイクロ口座にある。

 

CFD取引とは、ゴールドやシルバー、あるいは農作物に株価指数といったものだ。

FXとは異なる値動きで、リスクヘッジになることやFX以上に荒々しい値動きがすることもあり、CFD取引ができるのは非常にメリットになる。

 

一方、CFD取引はFXに比べてスプレッドが広かったり取引時間が異なったり、初心者にはややこしく感じる部分も多いだろう。

したがって、初心者は第一にFXに慣れたうえでCFD取引を検討してみてはいかがだろうか。

 

\ FX初心者はマイクロ口座がおすすめ /

 

XM口座タイプ②スタンダード口座の特徴(初~中級者におすすめ)

XM口座タイプ②スタンダード口座の特徴(初~中級者におすすめ)

 

スタンダード口座は、マイクロ口座と共通した特徴だ。

ただし、スタンダード口座は、1ロット100,000通貨で取引できる。

 

マイクロ口座では最大取引単位が100,000通貨だったのに対して、スタンダード口座では最小取引単位が100,000通貨になるので、より多くの利益を狙える

 

また、レバレッジも888倍まで選択でき、XMの魅力のひとつであるハイレバレッジを堪能することも可能だ。

すでにXMでの取引やFXに慣れている場合や数万円から数十万円以上の利益を得たりしたい方が対象になる口座だろう。

 

一方で、マイクロ口座に比べてスタンダード口座のほうが取引単位は大きくなるため、損失が広がってしまう可能性はある。

幸いXMはゼロカットを採用しているので入金額以上の損失はないが、やはりある程度はFXに慣れたトレーダーが選ぶべき口座になるのではないだろうか。

 

XM口座タイプ③Zero(ゼロ)口座の特徴(中~上級者におすすめ)

XM口座タイプ③Zero(ゼロ)口座の特徴(中~上級者におすすめ)

 

XM Zero口座は、その名のとおりスプレッドが極端に狭いメリットがある。

一方、デメリットは以下のようなものを挙げられる。

XMZero口座のデメリット
・入金ボーナスをもらえない
・ロイヤリティプログラムに参加できない
・1ロット$10の取引手数料が発生する
・最大レバレッジは500倍に制限される
・CFD取引が不可

マイクロ口座やスタンダード口座に比べて、XM Zero口座はデメリットが目立つ。

正直のところXM Zero口座を積極的に選ぶ理由はないのではないだろうか。

 

というのもXMを選ぶ理由は、最大888倍のハイレバレッジで取引をしたかったり、ロイヤリティプログラムに参加してXMPを貯めたり、頻繁に貰える入金ボーナスを楽しみにしたり、という部分になるのではないだろうか

 

トレード手法がスキャルピングであればZero口座一択

 

FX初心者であれば、Zero口座はおすすめできないが、中級者以上で資金が潤沢にあり尚且つスキャルピングを行えるスキルを持ち合わせているのであれば、むしろZero口座を選択しておいた方が良い。

 

もし、XMでスキャルピングトレードをチャレンジしたい方は、下記記事を確認しておくようにしよう。

 

潤沢な資金を用意したうえで取引をするトレーダーであればXM Zero口座を選ぶべきかもしれないが、そうでないのであればあまりおすすめはできない。

 

\ 海外FXに初めてチャレンジするならマイクロ口座がおすすめ /

 

XMのZero口座とスタンダード口座のスプレッドを比較!

XMのZero口座とスタンダード口座のスプレッドを比較!

 

FXはスプレッドが狭ければ狭いほど取引で有利になるのは常識だ。

XMでは、マイクロ口座・スタンダード口座そしてZero口座の3種類があり、マイクロ口座とスタンダード口座のスプレッドは同じである。

 

したがって、ここではスタンダード口座とZero口座のスプレッドを比較していく。

以下の表では、2021年1月4日の時点の各通貨ペアのリアルスプレッドである。

 

通貨ペア Zero口座 スタンダード口座
USDJPY 0.1pips 1.6pips
EURJPY 0.5pips 2.5pips
GBPJPY 1.3pips 3.7pips
AUDJPY 1.2pips 3.2pips
EURUSD 0.1pips 1.8pips
GBP/USD 0.3pips 2.2pips

 

比較した表のとおりスプレッドに関しては、明らかにZero口座のほうが狭い

しかし、Zero口座はスプレッド以外に取引手数料を支払う必要があり、具体的には往復で$10のコストが発生してしまう。

 

この$10のコストはスプレッドに換算すれば1.0pipsになり、上記表のZero口座のスプレッドに反映させれば実際のコストが見えてくるはずだ。

 

とはいえ取引手数料をスプレッドとして反映させてもZero口座のほうが狭いため、単純に1回の取引におけるメリットはZero口座になる。

 

XMZero口座は入金ボーナス/ロイヤリティプログラムに参加できない

 

ここまでの説明ではスタンダード口座よりもZero口座のほうが手数料ではお得に感じるが、上述したようにZero口座は大きなデメリットがある

XMZero口座のデメリット
・入金ボーナス対象外
・ロイヤリティプログラムに参加不可能

入金ボーナスは、新規口座開設時や時折行われるサービスのひとつとして、最大$500までの入金に対して200%のボーナスが付与される

 

仮に$1=100円で計算すれば、5万円入金すれば10万円分の証拠金で取引をすることが可能だ。

証拠金が増えればポジションを長く持ち続けることができるし、無料で貰えるのだからデメリットは一切ない。

そのうえZero口座はロイヤリティプログラムに参加できない決まりがある。

 

ロイヤリティプログラムは、参加すればXMPが自動付与され、クレジットボーナスや現金として換金することができるサービスだ。

 

ロイヤリティプログラムについてもトレーダーは一切損をしないサービスで、参加できないのは大きなデメリットになる。

もちろん入金ボーナスやロイヤリティプログラムのXMPをそのままスプレッドに換算することはできないが、トータルでは限りなくZero口座とコストに差はないだろう。

 

したがって、1回の取引に重点を置く取引スタイルであればZero口座、XMのサービスを余すことなく利用して利益を目指す取引スタイルであればスタンダード口座やマイクロ口座を検討してみてはいかがだろうか。

 

↓ 口座タイプは口座開設時に選択可能↓XM口座開設>マイクロ口座

 

XMの口座タイプに関する質問

XMの口座タイプに関する質問

 

ここからは、XMの口座タイプに関するよくある質問をご紹介しよう。

 

自身の口座タイプはXMマイページで確認できる

XM口座タイプ確認

 

XMで自身の口座タイプを知りたい場合は、以下の手順にしたがえば確認できる。

XM口座タイプ確認手順
1.XM公式サイトにログインする
2.XMの会員ログインページ
3.マイアカウントの概要の「V」をクリックして展開
4.口座種別の左側に口座タイプの種類が示される

ここでは口座タイプの種類を確認できるだけでなく、レバレッジの変更も可能だ。

今後利用する機会もあると思うので、一度は確認しておくべきだろう。

 

XMの口座タイプを途中で変更するには?

 

XMは口座開設時に選択した口座タイプを途中で変更することはできない。

それでは一度選んでしまうと他の口座タイプが使えないように思えるが、XMはそういった場合の対処法として追加口座を開設することができる。

 

追加口座を開設する方法は、XMマイページの下記画像部分をクリックし希望する口座タイプを入力すれば開設可能だ。

XMマイページ>追加口座開設クリック

 

XMでは最大8個まで追加口座を開設することができ、マイクロ口座、スタンダード口座、XM Zero口座のいずれも開設できる。

複数の口座を持つことで、リスク分散ができたり、XMPだけで取引する口座を開設できたり、追加で口座開設をする理由はさまざまだ。

 

いずれにせよXMでは複数口座を持つことができるので、「間違った口座を開設してしまった」と悲観する必要は一切ない。

 

\ 追加で全口座タイプを準備しておくのもOK /

 

まとめ

 

このページでは、XMの3種類の口座について解説してきた。

いずれの口座もそれぞれの特徴があり、これからXMの口座開設を検討している場合は今回説明した内容を参考にしてみて欲しい。

 

ただ、XMの魅力をとりあえず体感したいのであれば、マイクロ口座の開設がおすすめだ。

マイクロ口座は少ない資金でハイレバレッジの魅力を感じられるし、なにより損失を少額で抑えられる可能性が高い

XMは長く続ければロイヤリティプログラムのステータスも上がるし、続けなければトレーダーの実力が上がることはないだろう。

 

まずは少額の資金でXMのハイレバレッジに慣れ取引スタイルを確立してから、追加でスタンダード口座やXM Zero口座の開設を検討してみてはいかがだろうか。

 

\ 追加で全口座タイプを準備しておくのもOK /

 

XMボーナスを受け取るための全手順を紹介

 

XMトレーディング リアル口座開設方法のご案内

 

 

【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら
【唯一信頼できる海外FX業者】3,000円のボーナスを受け取るにはこちら→
XMの公式サイトはこちら